Please tell me 〜ようこそテルミーの小部屋へ〜

♪Singer, Song Writer, Vocal Coach 稲葉照美のBlog

Traveller

Full Moon Retreat in June, 2018

先週末は6月最後の週末、そして満月でした。 今年は、梅雨明けが早まるかなぁなんて 淡い期待をしながらこの旅を計画したのですが まだまだ、明けそうになく... それでも今日があることを喜んで(前回のキラキラ論の通りに) 「21世紀の楕円幻想論〜その日暮ら…

New Moon Retreat in May, 2018

5月の新月黙想を東京で行いました。 これは3月末の奄美大島の旅の続編。 ユタである円先生のヒーリングを受けるためと いつも私を遠方から支えてくれている 賢者たちに会うためでもあり おかげさまで これまでにない楽しい時間を過ごすことができました。 し…

「邪馬台国発見」

奄美大島で訪れたパワースポットのひとつに秋葉神社があります。 FBIでも活躍していたサイキッカー、マクモニーグルによると 邪馬台国を造ったヤマト族はベトナムの方から奄美大島にやってきたということで この秋葉神社が祭祀場になっていたらしいのです。 …

Full Moon & Easter Retreat 2018

Happy Easter 春分の後の満月から数えて最初の日曜日が イースター(復活祭)です。 毎年、暦が変わるのですが 今年は4月1日という新年度のスタートの日と 復活祭がシンクロしてるという珍しい年?です。 今年は自分のご生誕週間!とも重なるので、 思い切って…

統べるはじまりの旅

京都当尾の石仏めぐり、岩船寺、浄瑠璃寺ともに本堂内は撮影禁止でお見せできないのが残念!オススメは岩船寺からの下りコース いつもより濃厚な楽しいカウントダウンセッションでハッスルした後は一日おいて、初旅に。昨年の夏、周囲の大学生がこぞって青春…

Open The Gate

ガイド氏「テルミーさん、仕事納めはいつですか?」 私「25日には解放されると思うよ」 ガイド氏「じゃぁ、そのあとに山、登りませんか?」 私「い〜よっ。行く行く〜っ」 当日、登山口に着いてみると、この三つの岳の三倉岳。 私「どれを登るの?」 ガイド…

New Moon Retreat in December, 2017

今年最後の新月は図られたようにディオフ。前日は雪が降ったりしてたので、ちょっと足回りを気にしながらまたまた島へ。 なぜここへ来たのか?その理由が定かではな、きっかけはなんだっけ・・と思い出そうとしても思い出せない。 ちょうど、ある大学生が卒…

New Moon Retreat in November, 2017

先月末あたりから師走気分を味わっております。(早っ) 通常業務の他に本番が5本・・ 2015年に思いたって大学に編入して 今春卒業するまで、 自分と世の中を隔離していましたので この数ヶ月はリハビリ期間のような気分で過ごしていましたら、とんでもなく、…

「南の島のたったひとりの会計士」

そろそろ、小春日和という言葉が似合いそうですね。 ぽかぽかな日和。 この頃はよく歩きます。自然の音でリフレッシュ! 今日も10kmコースでやってきた。高速道路も新幹線も越えると自然の音しか聴こえなくなる。その瞬間が最高に佳い。で、どっちが鳳でどっ…

Yakushima New Moon Retreat ③

翌日乗船の予定をしていた高速船の欠航が決定的になったので、予定を一日早めて、 駆け足でヤクスギランドをまわることにしました。 五年前に病院である薬を処方されました。 その時「もし足が筋肉痛になったら、すぐ来てね」というDrの一言が添えられました…

Yakushima New Moon Retreat ②

明けて、快晴! 朝から尾之間温泉と平内海中温泉のハシゴ〜♨︎ ちょうど干潮で入浴できる時間帯でしたが 女性は湯浴み着などが必要だとかで 他のお客さんと一緒に足湯。 波を見ていると飽きませんね〜っ。 小島神社とそのお向かいにあるカトリック屋久島教会 …

Yakushima New Moon Retreat ①

夏の東北ツアーから、ふた月が経ち 次はどこへ行こうかなぁと 心の旅支度をしていました。 久しぶりにまとまったお休みが取れそうなので 島根の石見銀山や温泉津 (ゆのつ)温泉、 また三瓶山周辺には三瓶小豆原埋没林公園 もあるので、 少し山登りをして、…

秋の牧場2017

先週末のことです。 9月の雨、秋雨シーズン その晴れ間に牧場でお仕事!! しかし、まったくお仕事という自覚はなく 森好きな私にとっては癒しそのものでした。 "quack, quack"お話しています。 そして、 平成29年度もそろそろ下半期。 この頃は久々にお会い…

聖樹巡礼①老松神社クスノキ

暑い熱い夏が過ぎて行こうとしています。 九月に入ってからとても涼しくなりました。 ゆく夏、ちょっと、さみしいなぁ... 今年はこのブログを始める前にいくつか小旅行をしました。 そこで、気がついたのです。 自分のハートは、ご神木やら、巨樹にやたら反…

大槌町 2017夏②

滞在中、台風5号の接近による悪天候で 予定されていた活動が縮小・制限されてしまいましたが 町内の視察をすることができました。 淡水型イトヨの生息地・源水川 www.asahi.com 江岸寺 津波の後の火災の熱は数千度にもなり、 鐘も樹木もこのように焼けてしま…

大槌町 2017夏①

三年ぶり二度目の大槌町ツアー、片道約12時間の旅です。 新山口から東京へ 東京から新花巻へ 新花巻から釜石へ 釜石から車で30分くらいかな・・ 堤防、盛り土の工事中です。 活動第一日目は「おおつちありがとうロックフェス」内の 子どもブースのお手伝いを…

さぁ、いまここから

先週、糸島の帰りに福岡・篠栗の南蔵院に立ち寄りました。 ご利益がありますように! guide.travel.co.jp さぁ、来週は本州の端っこ山口県から 東北の岩手・大槌町に向かいます。 JRを利用して片道およそ11時間ほど。 前回の訪問は三年前の2014年でした。 仮…

神石

梅雨明け宣言を受けて(そーでもない)糸島へショートトリップ。 福岡の西海岸を中心におしゃれなお店が立ち並ぶ 人気のスポットなので 癒し系の古民家カフェや海岸沿いのカフェなどなどにも立ち寄りましたが 今回は敢えてその他のおしゃれスポットは駆け抜け …

金麗社〜別府厳島神社

あまりにもお天気がよいので半年ぶりに、別府厳島神社へ。 途中、「明治維新発祥の地金麗社」という表示が目に止まり 寄ってみることにしました。 金麗社は管原道真が祀られた天満宮だそうで ここに高杉晋作や山県有朋たちが本陣を置いた場所だということを …

白鳳仏

2017年6月の満月もJAZZとともにありました。 この上半期も、あっという間でしたが 年頭から自分の音楽と向き合うことができたり、 たくさんの新しい出会いがあったり、ちょっとした旅をしたりと おかげさまで、大変充実したものとなりました。 その中でも、…

きっとここが帰る場所

この映画好きすぎて、もう10回以上は観ているのですが なかなかエンディングが理解できずにいました。 でもなんでこんなことがわからなかったのかと思うほど あっさり (ようやく)謎が解けました。 年の功か!! 何と言ってもDavid Byrne (本人役)が出てくるシ…

JOY

私にとって「7人のこびとセラピー」は効果絶大でした(笑) 太陽の力をくみあげるバケツ - Please tell me 〜ようこそテルミーの小部屋へ〜 自分の特性それぞれをバランスよく活躍させるのは やはり自分でしかないですね。 本日、幼稚園のゴスペルのクラスが…

Citrus Sun

気分は初夏から雨期をすっ飛ばして夏になってしまいました(笑) 夏の予定も決まりつつあるので 旅のシュミレーションをしていたところ www.bluenote.co.jp ことのところずっとIncognitoを聴いてまして・・ その期間にBlueyがツアーですって!! どこかに私出…

今帰仁城

那覇に着くと、ちょうどNAHAマラソンが終了したタイミングで 大勢のランナーが徒歩で移動しているところでした。 私もモノレールを使わずに、那覇市街の観光がてら宿までの道のりを 歩くことにしました。 一夜明けて、那覇は雨。沖縄旅行もこの日が最終日。 …

斎場御嶽

琉球王国最高の聖地 世界文化遺産「斎場御嶽」 安座間港から斎場御嶽まで約2キロ。 バスを待つ時間が惜しいので歩いてゆくことにしました。 しかし、港から幹線道路へ出るまでの急勾配が心臓を直撃! (持病あり) この時ばかりは自分の選択を悔やみ、バック…

久高島 ④

久高島 最終日 夜明け前に起きることができました。 空模様が怪しい。 しかし雨対策も考えず、静かにカベール岬へと自転車を走らせると ぽつ、ぽつ、とやはり雨。 このまま大降りにならなければいいなぁと思いつつ 濡れながらガーッと気合を入れて走りました…

久高島 ②

二日目 曇り 朝食の時間の少し前に食堂で新聞を読んでいると 猫の鳴き声がします。 「ニャー、ニャー (こっちだよ! ) 」 顔をあげて窓の方を見てみると・・・ えええぇ〜!? 「よく来たなっ」てな感じで覗かれてました (笑) そうしているうちに、 朝食が運ば…

久高島 ①

旅に出よう!どこに行こうか?行き先を決めかねている時に、イメージしたのは「島」でした。 じゃぁ、今まで一度も行ったことのなかった南の島(沖縄)に行こう!あっ、沖縄といえば、いただいた塩の島ってどこだっけ? 久高島だ。 調べてみると久高島は神が宿…

久高島へ プロローグ

はじまりは、2014年の暮れに届いたくがにまぁすでした。 これは、ミュージシャンの友人が ツアー先の沖縄から贈ってくれたものなのですが、 よく見ると 「平成26年の旧正月に汲み上げた海水で炊き上げた塩です」 と書き添えてある、久高島産の塩だったのです…