Please tell me 〜ようこそテルミーの小部屋へ〜

♪Singer, Song Writer, Vocal Coach 稲葉照美のBlog

Swingでノリよく歌うって?

f:id:inabaterumi:20170509172709j:plain

 

【JAZZ VOCAL】

気持ちよく歌ってるはずが、どうしてもスウィングしない、ドライブしない、

ノリがでないとか、俗にいう "グルーヴ"?(16ビートで使うイメージですが)

でないのはなぜかっていうと・・・

 

例えば、取り組んでいるその楽曲が4/4拍子だとすると、

1小節に♩が4つあるわけです。

スウィングでは、さらにその♩のなかには♪が3つあって、

♪=タと読むと1拍の長さがタタタとなるわけです。

もちろん曲の速さによっての幅はかわってきますけど。

1拍がタタタなら1小節はその4倍のタタタ タタタ タタタ タタタ

(ゲシュタルトの崩壊おこしそうw)となるわけです。

 

この場合、オレンジタタタブルータタタの位置が

オフビート、アフタービート、裏拍等々といわれる

とっても重要なポイントになってきます(ビートについてはまたいつか)ので

意識できるようになればよいのですが。

 

このタタタって意外にきびきびしてるものなのです。

さらにはタタの真ん中のタが最初のタに吸収されて

となりスウィングの基本のリズムがタ タタ タタ タもしくは

タータタータ タータ タータ、ツゥゥ ツッツ ツゥゥ ツッツとなるわけです。

歌うときには、この見えない♪の上で軽やかにことばを動かしていく、

置いてゆくというイメージを持つことから始めましょう!

 

 

練習方法としては、

①歌いたいテンポでタタタ タタタ タタタ タタタと繰り返し歌ってみる。

②歌詞とそのひとつのがぶつかるところは、短く発音しすぐに移動する。

③メロディをアレンジして独自な崩し方になるとしても

何番目かのの位置で言葉が動く!!ということをちょっと意識しておく。

ちょっと難しいか・・・

 

今日のレッスンでは、

のうちの3つ目のにあたる歌詞(ことば)だけをもっと短く歌って!!」

と提案してみると、まぁすばらしい。

みちがえるほどのノリがでて、伴奏しててもとっても楽しかったのです。

 

 

「ちょっと、今から心の準備をしてください」

受講生さん「???汗」

「ほめるので・・」

受講生さん「はぁ〜 苦笑い」

 

 

では、また・・

 

 

 

広告を非表示にする