Please tell me 〜ようこそテルミーの小部屋へ〜

♪Singer, Song Writer, Vocal Coach 稲葉照美のBlog

Yakushima New Moon Retreat ②

 

f:id:inabaterumi:20171023175309j:plain

明けて、快晴!

朝から尾之間温泉平内海中温泉のハシゴ〜♨︎

f:id:inabaterumi:20171023175058j:plain

f:id:inabaterumi:20171023175113j:plain

f:id:inabaterumi:20171023175205j:plain

ちょうど干潮で入浴できる時間帯でしたが

女性は湯浴み着などが必要だとかで

他のお客さんと一緒に足湯。

波を見ていると飽きませんね〜っ。

 

小島神社とそのお向かいにあるカトリック屋久島教会

f:id:inabaterumi:20171023180245j:plain

f:id:inabaterumi:20171023180402j:plain

 

クリスタル岬

ここでは、子どもの心と目で以ってキラキラしたものを見ようとすると、

ほんとうに足下でクリスタルが見つかります。

しかしここは鉱山跡の危険地帯。

ガイドブックにも載ってませんっ。

気をつけて!!

 

f:id:inabaterumi:20171023180527j:plain

f:id:inabaterumi:20171023180538j:plain

f:id:inabaterumi:20171023180658j:plain

 

矢筈嶽神社

 

私のもう一つの名前はルシア、ラテン語ではルチアとなり

♪サンタルチアは

ルチアよ海難事故のないように

しっかり海を照らして見守っていてほしいというような

願いが込められていますが

この神社も、漁業の安全と縁結びの神様のようです。

洞窟の中にご祭神が祀られています。

f:id:inabaterumi:20171023180549j:plain

f:id:inabaterumi:20171023180604j:plain

f:id:inabaterumi:20171023180626j:plain

 

空模様と相談しながら(ちょっとだけ帰りの船便のことも心配しながら)

島を回ると、意図したわけではないのですが

結果的に、ヒーリングとパワースポットめぐりとなりました。

奇しくも新月域。

 

不思議ですねぇ。

この島では、全く考え込むということがなく

カラダの欲するままに活動すると

それは必ず癒しにつながるのです。

その時には気がつきませんが

振り返ってみるとよくわかります。

 

聴こえますか、私の声が・・

新しい空気をできるだけ吸収してエナジーにかえるのです。

あなたの新しい命のために私は毎日呼吸しています。

豊かさとは、新しい命に生まれ変わること

新月のこの島で

あなたは生まれ変わります。

 

 

つづく

 

 

Yakushima New Moon Retreat ①


f:id:inabaterumi:20171023094808j:plain

夏の東北ツアーから、ふた月が経ち

次はどこへ行こうかなぁと

心の旅支度をしていました。

久しぶりにまとまったお休みが取れそうなので

島根の石見銀山や温泉津 (ゆのつ)温泉、

また三瓶山周辺には三瓶小豆原埋没林公園 もあるので、

少し山登りをして、ゆっくり縄文杉を見て

体力をつけて、いずれ行くであろう屋久島トレッキングに

心身ともに備えようと思っていた矢先でした。

 

「じゃぁ、このお休みに行っちゃえば?」

と天からの声が(笑)

 

何かを決めると驚異的な瞬発力を発揮する

この素晴らしい気性が発揮され、

あれよあれよという間に

新しいトレッキングシューズとストックを揃えて

気がつくと屋久行きの高速船に乗っていました。(んなわけないw、でも突発的に)

 

f:id:inabaterumi:20171023004322j:plain

折しも台風接近中で乗船の予定をしていた

大型フェリーが欠航になり、

急遽、高速船に乗ることになるのですが

これが功を奏し、2時間ほど早く着いたおかげで

早速、白谷雲水峡へ。

f:id:inabaterumi:20171023005608j:plain

降水量が多く水の島と言われていますが、

やはり台風の影響でしょうか、

コース途中の沢が渡れないほど増水していて

危険ということで

途中で折り返すことになりました。

ずぶ濡れになりながら、

息を切らして山道を登り

時々止まる足元を見ながら

「大丈夫、登れる登れるっ」と何度も自分に言い聞かせて

f:id:inabaterumi:20171023023134j:plainf:id:inabaterumi:20171023023219j:plain

弥生杉をひとまわり。

f:id:inabaterumi:20171023005608j:plain

 

 

その後、海ガメの産卵の地

いなか浜へ。

f:id:inabaterumi:20171023095308j:plain

 すぐに風に飛ばされてしまいましたが

卵の殻を見つけることができました。

それにしても、美しい浜です。

それから、浜を見渡すことができるデッキのあるカフェで

レイトランチ。

f:id:inabaterumi:20171023100032j:plain

f:id:inabaterumi:20171023100016j:plain

気さくで優しいマダムが台風の進路やこれから進む林道の状況を

リサーチしてくれました。ありがたい !!

そのほか、島のレアな情報をいろいろ教わることができて

ガイドブックがすべてじゃないなぁと実感するのでした。

しかし、みんな優しくて親切!!

 

f:id:inabaterumi:20171023100848j:plain

 

林道ではヤクザルや鹿の群れに遭遇!!

車から離れてくれるのをじっと待ちます。

 

f:id:inabaterumi:20171023141412j:plain

 

林道を抜けて88mの大川の滝

 

そして湯泊温泉で1日の〆!

f:id:inabaterumi:20171023101225j:plain

足湯

 

f:id:inabaterumi:20171023101242j:plain

女湯

いつもながら慌ただしい旅ですが

ここでようやくリトリート。

最高に贅沢な時間を過ごせました。

地球に感謝!!

 

 

聴こえて来るのは波と風の音と私の鼓動

降り注がれているのは自然からの強い愛情と息吹

 

 

つづく

 

お寺でコンサート

f:id:inabaterumi:20171015211135j:plain

お寺でコンサート@法界寺に出演させていただきました。

「お寺」と言ってもご本堂ではなく、

隣接する鹿野苑 (ろくやおん)という立派なライブスペースなんですけどもね。

街のイベントに合わせて開催されるのですが、

このコンサートはお客様が本当に熱心に聴いてくださるので

相乗効果で演者もが入るんですねぇ。

だから、毎年お声がけいただくと喜んで出させていただくのですが、

今年は、ちょっと大槌での体験をどうしてもシェアしたくて

喋りすぎたかもしれませんっ(笑)

https://www.instagram.com/p/BZ-mYJUnH8A/

お寺でコンサート、お客さまに盛り上げていただきました!ありがとうございます。@法界寺

その翌日は、晴天にも気分を良くして

トレッキングシューズを新調したのも手伝って

10kmの遠足に出かけました。

こちらもお寺。

https://www.instagram.com/p/BaA3PPmnuIT/

新しいシューズで10kmの遠足@東大寺別院 周防阿弥陀寺

東大寺の復興のために重源上人が別院として建立したお寺で

↓このような伝説も!!

f:id:inabaterumi:20171015212820j:plain

f:id:inabaterumi:20171015212827j:plain

f:id:inabaterumi:20171015212859j:plain

小学校の時に遠足やスケッチ大会で

よく訪れていましたが、

大人になって、この石段を登って行くと

まるで時空を越えてこの場にいることが

不思議でなりません。

いつか東大寺のあの盧舎那仏

お目にかかる日が来るのかも・・

 

♪Shane On Harvest Moon

気がつけば、明日は中秋の名月

早いもので、今年もあと三ヶ月をきりましたね。

先日ご招待いただいた華展で

お茶をいただきました。

f:id:inabaterumi:20171003221649j:plain

f:id:inabaterumi:20171003221626j:plain

お月様のお菓子

 

最近、レッスンをしていて感じるのですが

どうしても声を「大きく、強く出さなきゃ」と

喉に力を入れて、負担をかけて (硬気声)で

頑張りすぎてしまう方が多いような気がします。

そのような時の改善法は二通りあって

 

①その音にあったお口の開け方があるので、

自然に声が出せるように

まず、お顔の運動をしましょう!

 

②頑張らなくても大丈夫ですよ。

あなたの声はしっかり聴こえています。

どちらかの手のひらを胸においてみてください。

そしてお口を閉じて、

できるだけ低い声でハミングをしてみましょう。

今手を置いた胸が響いてませんか?

低い音域では胸が共鳴するのがわかりやすいのです。

しばらく、ハミングを続けてみましょう。

 

その時々で①か②を選ぶのですが

①はトレーニング、

②はヒーリングの手法で、

短時間ではありますが

実際に胸の振動を感じることで、

自分(の声)を確認できるのです。

 

どちらも有効なのですが

②を施した後の歌声は

とても柔らかいエッジの取れた

自然な歌声になります。

とっても不思議なんですけどね。

 

私は今ハートを振動させています。

私なりの呼吸と私なりの音色で。

そして私から生まれるこの声は

私自身が安心していられる唯一のもの。

この声に

私の想いを乗せて

あなたに伝えたい。

 

ここまで導けるといいなぁ。

 

 

秋の牧場2017

f:id:inabaterumi:20170927214832j:plain

 

先週末のことです。

9月の雨、秋雨シーズン

その晴れ間に牧場でお仕事!!

しかし、まったくお仕事という自覚はなく

森好きな私にとっては癒しそのものでした。

 

f:id:inabaterumi:20170927215349j:plain

 

"quack, quack"お話しています。

f:id:inabaterumi:20170927215529j:plain

 

 

f:id:inabaterumi:20170927215453j:plain

 

そして、

f:id:inabaterumi:20170927220030j:plain

 

平成29年度もそろそろ下半期。

この頃は久々にお会いする方々に

「まるで別人だ」と言われたりします。

気がつけば、鏡を見る回数が増えたり

リアクションが大きくなったり、、

自分軸をしっかり掴めてきたんじゃないかなと思います。

それにしても

今年は本当にいい出会いとそれに伴う気づきが多くて

幸せます。(方言w)

 

本当に宝物。

 

私が自分を生きることがあなたのためになる。

あなたが自分を生きることが私のためになる。

そうだといいなぁ。

 

 

「想像ラジオ」

f:id:inabaterumi:20170915185049j:plain

九月も後半を迎えました。

被災地の復興支援(支援になっていたかどうか?)

に訪れたことを知った友人が

ぜひ読んでみてっ !!

と薦めてくれた物語が

いとうせいこうさんの著書「想像ラジオ」でした。

f:id:inabaterumi:20170915185823j:plain

震災で亡くなったことに気づかないまま

番組を続けるDJ。

それでも伝えたい、聞きたいことはただ一つ

私にはそう受け取れました。

読み終わったあと、泣けました。

それは、

「風の電話」風の電話 - Wikipedia

風の電話は心で話します 静かに目を閉じ 耳を澄ましてください 風の音が又は浪の音が 或いは小鳥のさえずりが聞こえたなら あなたの想いを伝えて下さい

その想いと重なったからです。

 

私は、二十歳過ぎに拡張型心筋症を発症しました。

当時は移植法もなく、当時の主治医からは余命宣告と

「海外で心臓移植することを考えましょう」

という言葉をいただいたのみで、

なんの手立てもなく、

「ここで人生を終わってもそれは仕方ない。

費用はこしらえられたとしても

そこまでして生きなくてもいい」と自分で判断しました。

20代はほぼ寝間着姿で

家で療養するしかなかったのですが。

その日々の中で朝、目覚めることが

どんなに嬉しかったことか。

朝起きて顔が洗える、「おはよう」と家族に言える、

それがどんなに幸せだったことか。

奇跡的に心臓は拡張せず、その代わり

致死性不整脈へと移行し

手術を受けることになったのですが

それから丸10年。

ようやく体が健康になれてきまして

当たり前がどんなに嬉しい幸せなことかを

忘れてしまっていました。

 

被災地で

「お父様の片腕だけが見つかって

それだけでお弔いをした」

ということをお伺いしました。

その方は

そのお父様の片腕に向かって

どんなに愛の言葉を

かけられたことでしょうね。

 

あなたがいてくれて私は嬉しい

あなたが愛してくれているように私もあなたを愛してる

いつもありがとう

あなたがくれた言葉に励まされたよ、ありがとう

今日もあなたと話せてよかった

 

それは、その時々で

どんなに暑苦しいと思われても

伝えなきゃダメなんです。

そんなことを思い出させてくれた作品でした。

 

いとうせいこうさんといえば..

この曲もちょうど秋の歌です。

www.youtube.com

 

 

 

 

聖樹巡礼①老松神社クスノキ

暑い熱い夏が過ぎて行こうとしています。

九月に入ってからとても涼しくなりました。

ゆく夏、ちょっと、さみしいなぁ...

今年はこのブログを始める前にいくつか小旅行をしました。

そこで、気がついたのです。

自分のハートは、ご神木やら、巨樹にやたら反応することを・・

そんなことを地元のお友だちに話すと

「ぜひ、そこに行ってみてください」と教えてもらったのが

f:id:inabaterumi:20170902163711j:plain

老松神社

f:id:inabaterumi:20170902163847j:plain

樹齢二千年といわれているクスノキです。

f:id:inabaterumi:20170902163944j:plain

f:id:inabaterumi:20170902164004j:plain

f:id:inabaterumi:20170902164029j:plain

f:id:inabaterumi:20170902164045j:plain

この案内板は平成十五年に作成されたようですが、

およそ15年経った今でもその風格は変わらないのではないでしょうか。

躍動する生命力、すごいパワーです。

もう、tree therapy どころではないかも(笑)

そして、まだ生まれ育ったこの町のことを何も知らないなぁと

この歳になって思うのです。